貧乏人仲間と助け合う借金生活の体験談

貧乏人仲間と助け合う借金生活の体験談

貧乏人仲間と助け合う借金生活の体験談

 

常に借金を抱えて慢性的に返済に苦しんでいる貧乏生活なんかには、いいことなどは何一つとしてありません。
しかし、たった一つだけ例外があるとも言えます。

 

それは、同じように借金で苦労している貧乏人仲間と、お互いに助け合って、励まし合って頑張ることです。
辛い借金生活も、苦労を分かち合える仲間がいると頑張れるのです。

 

そんな仲間と出会えたことは、唯一、借金で苦労して良かったことなのです。
人間というものは、基本的に、他人の苦しみはなかなか分からないものなのです。
それは人間の宿命であり、仕方のないことです。

 

もしも人の苦しみが分かるとすれば、それは、自分も同様の苦しみを受けている時だけだと言えます。
ですから私の借金の苦しみも、同じ境遇の借金仲間にだけは分かってもらえるのです。
それによって、精神的に楽になるのです。

 

また、時には米や味噌などの生活必需品をお互いに融通し合うことによって、物質的な支えにもなるのです。
とにかく、仲間の存在は非常に大きいのです。

 

もしも貧乏な借金生活で仲間がいなかったとしたら、そんな孤独には耐えられないのではないかと思います。
独りで借金に苦しむなど、考えただけでもゾッとします。
借金生活から早く抜け出すためにも、これからも仲間と共に頑張るのみです。